トップページ > 電気分解法による刺青除去

電気分解法による刺青除去

 電気分解法とは、高周波によって熱を発生させ、少しずつ皮膚を削っていく方法です。

 電気分解法で刺青の深さの約8割程度まで皮膚を少しずつ削っていきます。

 残りの2割をQスイッチルビーレーザー色素だけを取っていきます。

 皮膚を削る深さは、刺青の深さにもよりますが、当院では施術回復を速めるため、なるべく皮膚を温存させるようにしています。

  • ・刺青部位以外の肌を傷つけることなく色素だけを破壊することがで
      きる。(肌の負担が少ない)
  • ・安全性が高い
  • ・回復が早く日常生活に大きな支障をきたさない
  • ・ほぼ1回の治療で終了する
  • ・痛みのダウンタイムが短い
  • ・カラフルでレーザーに反応しない色でも治療できる
  • ・火傷やケロイドの跡のような状態で残る
  • ・施術後、1〜2週間は消毒、軟膏などの処置が必要
  • ・照射後、腫れあがることがある
  • ・施術中焦げ臭いにおいがする。
  • ・切開法を行う患者様には手術の前に採血を受けて頂きますのでご了承くだ
      さい。
  • ・切開法をされた患者様は2〜3日後に経過観察にご来院頂き、手術後1
      週間〜10日後に抜糸を致   します。
  • ・当日は過度の運動や飲酒、サウナなどの入浴は避けるようにして下さい。
  • ・術後シャワーを浴びた後や、汗をかいた時などはよく消毒をするようにしてく
      ださい。
  • ・治療部位は肌が敏感になっていますし、色素沈着の原因にもなりますの
     で、強く擦ったり、刺激を与えないで下さい。
  • ・抜糸後、治療部位に負担がかかるような激しい動きや無理な体の曲げ伸ば
     しなどはしないようにして下さい。皮膚が開いて再縫合するような事になりま
     すと、治療期間が延び、傷口の治りも見た目も悪くなってしまう可能性もあり
     ます。

ライブサージェリーDr妙見のライブサージェリー
 実際にQスイッチルビーレーザーで
 当院で施術している様子です。

藤沢美容外科クリニックのドクターブログ
藤沢美容外科総合サイト
藤沢美容外科クリニック地図

主な来客エリア
神奈川県湘南エリア、藤沢市(藤沢、鵠沼、辻堂、本鵠沼、鵠沼海岸、片瀬、藤沢本町、善行、六会、湘南台、長後、片瀬山)、茅ヶ崎市、鎌倉市、平塚市、大和市、逗子市、寒川町、大磯、二宮、葉山、大船、手広、鎌倉山、西鎌倉、腰越、七里ヶ浜、由比ガ浜、北鎌倉、洋光台、本郷台、港南台、磯子、新杉田、根岸、石川町、桜木町、関内、高座渋谷、桜ヶ丘、大和、鶴間、綾瀬、座間、海老名、瀬谷、国府津、鴨宮、小田原、田浦、横須賀、衣笠、久里浜、戸塚、東戸塚、保土ヶ谷、横浜市栄区、富士見町、川崎、町田

藤沢美容外科クリニックへご予約・お問い合せ
藤沢美容外科クリニックモバイルサイト

QRコードを読み取るだけで
携帯電話から簡単アクセス!!

http://www.tattoo-i.net